FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

史上最大!!22万トンアリュールオブザシーズで行く☆西カリブ海クルーズ9日間!!

こんにちは

もう7月ですね!!早い!!
暑い夏もすぐそこですね


みなとみらいではセールが始まって
以前にも増して人が多くなってます







これから夏!!って時になんですが・・・・・冬の時期のクルーズのご案内です(笑)


22万トン!世界最大客船アリュールオブザシーズで行く
羽田発着 西カリブ海クルーズ9日間!!


http://www.cruiseplanet.co.jp/usa/tg_allure_120617_hnd.htm

動画もあります



2010年12月就航の「アリュール・オブ・ザ・シーズ」
史上最大級22万トン



アリュールオブザシーズ
P1090370_convert_20120630151056.jpg


緑豊かな「セントラルパーク」や遊歩道をイメージした「ボード・ウォーク」など
22万トンクラスならではの施設はまさに洋上の街並み
洋上初オープンエアの円形劇場「アクアシアター」でのショーや中央のプールでの水中バレエやアイスショーなど
見逃せないイベントも盛りだくさん

ロイヤルカリビアン社のアミューズメントクルーズの集大成ともいえる
このアリュールオブザシーズ

しかも羽田発着なところもおすすめ

それでいて超~~オトクな料金




思い切ってカリブ海クルージング~~はいかがですか??




先に少しだけ……寄港地のご案内です















ラバディ


ラバディはハイチ北部にある半島で
なんとロイヤルカリビアン社のプライベート半島
ロイヤルカリビアン社の乗船客でなければ立ち入り出来ない島なのです


船から見たラバディ
ラバディ入港_convert_20120630152426



フランス人のラ・バディ侯爵の名前から名称が付けられたこのラバディ
地元住民の民族舞踊鑑賞やマリンスポーツを楽しんだりして
穏やかでのんびりとした時間を楽しむことが出来ます

楽しみなのはバーベキューランチ
ロイヤルカリビアンスタッフが準備してくれるバーベキューはボリューム満点

ウォータースライダーやジップラインなどのアクティビティも充実
海上を渡る世界最長のジップライン勇気(?)のある方はぜひ挑戦してみてください

ジップライン
LIB_2010_LABADEE_ZIPLINE_021_convert_20120630153353.jpg


ひゃ~~~!!
どうですか~~??


ちなみにコレ…船上にもアリマス
船の上っていうのもスリリング…












ファルマス



ファルマス
ファルマス中心地_convert_20120630164242


ジャマイカの北西に位置し
植民地時代にサトウキビとラム酒づくりのプランテーションで栄えてきたファルマス

緑が豊かで穏やかな雰囲気のファルマスには18~19世紀のジョージアン様式建築が残っていて
植民地時代の面影を感じることも出来ます

ジョージアン様式はバロック様式・ロココ様式・ネオクラシック様式の総称で
一般的に考えられる典型的なイギリスアンティーク風のこと

ここではマーサ・ブレア川のいかだ下りやダンズリバーの滝登りなど人気のツアーもあります
ぜひぜひ参加してみてください













コスメル


コスメルは世界屈指の透明度を誇る海とマリンスポーツの天国でメキシコの島


コスメル
DSC02056_convert_20120630172837.jpg



マヤ人はこの島に4世紀ごろには居住していたと考えられ
島からは先古典期オルメカの工芸品も発見

マヤの遺跡は後古典期まで島全体に点在していたのですが
最大の遺跡は第二次世界大戦中に空港を造るために破壊・・・
この島を最初に訪れたスペイン人はフアン・デ・グリハルバ
翌年にはエルナン・コルテスの大艦隊がこの島のマヤ寺院を破壊
当時この島には4万人のマヤ人が住んでいましたが
スペイン人の持ち込んだ天然痘によって人口は激減
1570年にはたった30人しかこの島に住んでいませんでした


その後18世紀には海賊の隠れ家になったもののすぐに放棄・・・

この島に再びまとまった人が住むようになったのは
1848年東のユカタン半島でカスタ戦争というマヤ人の大反乱で逃れた人々が再居住するようになってから・・・


コスメル港
謗・蟯ク貂ッ_convert_20120702142513



この青い海を見るだけでも…癒されます
















ちょっとだけ…カリブ海クルーズのご案内
いかがでしたでしょうか?


あまりに人工化されておらず
素朴なままの雰囲気
穏やかで美しい青い海と
さわやかな空気
静かでゆったりとした時間の流れる場所

…それでいながら
船の中では様々な遊びやイベントに盛り上がり
それを楽しむ人たちの熱い空気を味わえる




その全てを満喫出来るのがこのカリブ海クルーズ


添乗員付きツアーだから
余計なことは心配せずに
ただ楽しむことだけに“集中”出来ます


日頃頑張っているご自分に
こんな旅のご褒美はいかがですか??


アリュールオブザシーズ 西カリブ海クルーズ
http://www.cruiseplanet.co.jp/usa/tg_allure_120617_hnd.htm


なんでもお気軽にお問い合わせくださいね

blue@cruiseplanet.co.jp
045-224-8050



P1090110_convert_20120702144159.jpg


お待ちしています









スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。