FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リバティオブザシーズ地中海クルーズ♫~チベタベッキア&ナポリ~

こんにちは!!



春がもうそこまで来ているというのに・・・今日はまた寒いですね

でも・・・もう少しで・・・寒い冬から抜け出せるんですね!!





冬が過ぎたら・・・!!旅行です!それも陽光の地中海!!

リバティオブザシーズで行く世界遺産を巡る浪漫の地中海クルーズ10日間
⇒http://www.cruiseplanet.co.jp/eur/tg_li_120608.htm

バルセロナを出発して
トゥーロン、ヴィルフランシュ、リボルノ、チベタベッキア、ナポリ・・・を巡ります!!


ホームページはこちらですhttp://www.cruiseplanet.co.jp/






では今日は
チベタベッキアとナポリをご案内します









チベタベッキア



首都ローマから西北西に約80キロの距離にあるチベタベッキア
チビタベッキアとは“古代の街”を意味しています
日本との関わりも深く1615年に慶長遺欧使節団を率いる支倉常長が日本人として始めて上陸しました

支倉常長が出発した地である石巻市と姉妹都市協定を結んでおり支倉の銅像が建立されています

また日本二十六聖人を記念した日本聖殉教者教会の1950年代再建時に
内装を担当した宗教画家長谷川路可は名誉市民となっています




チベタベッキア駅
DSCF0623_convert_20120310130859.jpg



このチベタベッキアはローマ観光への玄関口
この駅から電車に乗って約1時間半

もちろんオプショナルツアーもあるので目的に合わせて観光が出来ます








バチカン・サンピエトロ大聖堂
バチカン③_convert_20120310145910



写真におさまりきらないほどの壮大な大聖堂

バチカンはカトリック教会と東方典礼カトリック教会の中心地「総本山」
バチカンの統治者はローマ教皇でローマ教皇庁の責任者は国務長官
実際の統治はバチカン市国行政庁長官兼バチカン市国委員会委員長が務めています

バチカンという名称はこの地の元々の名前であった「ウァティカヌスの丘」からとられています
ここがカトリック教会の中心地となった理由はこの場所で聖ペトロが殉教したという伝承があったから

このサンピエトロ大聖堂の北側にあり歴代ローマ教皇の収集品を収蔵展示する
世界最大級のバチカン美術館は500年以上の歴史があります

ミケランジェロの絵画で知られるシスティーナ礼拝堂やバチカン図書館
中世の教皇庁の建物の一部(「ボルジア家の間」「ニコラウス5世の礼拝堂」「ラファエロの間」などを含む)をも
見ることができます






コロッセオ
ハツシカさん+011_convert_20120310153214


コロッセオはローマ帝政期に造られた円形闘技場

コロッセオはネロ帝の黄金宮殿の庭園にあった人工池の跡地に建設
人工池は水を抜けばすでに掘り下げられていたので基礎工事をいくらか省略

使用開始に当たっては100日間に渡りイベントが続けられ数百人の剣闘士が闘い命を落としました

構造は火山灰を利用したコンクリートで出来ており
鉄骨を用いないコンクリートでありながら幾多の地震にも崩壊しなかったのは
全体が円筒形で力学的に安定していたため

中世を通じてコロッセオに使用されている建材は他の建築物に流用一種の採石場に・・・
その大理石はバチカンのサンピエトロ大聖堂にも使用

にもかかわらず往時の姿をとどめているのは迫害されたキリスト教徒がここで殉教したと伝えられていたためですが
キリスト教徒が迫害されたという明確な証拠はありません







トレビの泉
トレビの泉_convert_20120310154549

ローマにある最も巨大なバロック時代の泉

ポーリ宮殿の壁と一体となったデザインで中央に水を司るポセイドンが立ち
左に豊饒の女神ケレース、右に健康の女神サルースが配置されています

元々は古代ローマ時代に皇帝アウグストゥスが作らせたもので
ヴェルジネ水道の終端施設としての泉が場所を替えた後今の位置になりました

有名な言い伝えとして後ろ向きにコインを泉へ投げ入れると願いが叶うと言われ
投げるコインの枚数によっても願いが異なります
コイン1枚だと再びローマに来ることができ2枚では大切な人と永遠に一緒にいることができ
3枚になると恋人や夫・妻と別れることができるとか
3枚の願いはキリスト教が離婚を禁止していたという歴史の名残り
このコインは半分がカトリック系チャリティ団体に寄付されています











ナポリ


有名なイタリアのことわざ「ナポリを見てから死ね」にあるように風光明媚な土地としても知られており
世界三大美港のひとつ

紀元前7~6世紀にギリシア人によってネアポリス(新都市)と名付けられたナポリ
13世紀になるとアンジュー家、続いてアラゴン家の王国が置かれました
1503年スペインの支配下に置かれると瞬く間に大都市へと発展

ウンベルト1世通りの北側のドゥオーモ通り、ローマ通り一帯はスパッカ・ナポリと呼ばれ
ナポリの下町を思わせる雰囲気を楽しむことができます




ヌォーボ城(マスキオ・アンジョイーノ)
DSCF0811_convert_20120311160023.jpg

船がナポリの港へ近付いてくるとこのヌォーボ城がドーンとあらわれてきます
1279年から1282年の間にアンジュー家のカルロ1世により建てられたお城
アラゴン家のアルフォンゾにより行われた改築工事のあと“ヌォーボ城”(新しい)と呼ばれるようになりました
初期の外観はジョットがフレスコ画を描いたサンタ・バルバラ礼拝堂の中に見ることが出来ます
入口となっている大理石造りの素晴らしいアーチはアラゴン家の征服を祝って造られました






王宮パラッツォ・レアーレ・ディ・ナーポリ
DSCF0893_convert_20120311161646.jpg

ナポリ王位や両シチリア王位についていたブルボン家の王宮

初期の王宮はスペイン王フェリペ3世の居城でしたが彼は一度もここを訪れることはありませんでした
建物は16世紀初頭からスペイン副王の古い住居があった場所に建てられ
18世紀に入ると宮廷は内陸にあって海からの攻撃が及ばないカゼルタ宮殿に移されました

現在の王宮と隣接した館はサン・カルロ劇場・美術館・ナポリ国立図書館・ナポリ地方観光局を含む
官公庁の庁舎として使用されています




その他ヴェスヴィオ山噴火で灰の下に埋まったローマ時代の街の遺跡があるポンペイの遺跡へも
オプショナルツアーや列車で行くことが出来ます





ナポリからはカプリ島へも

カプリ島の港
マリーナグランデ②_convert_20120311165407


青の洞窟で有名なカプリ島
素敵な革製品やかわいい入れ物に入ったレモンチェッロもお土産に…






また近年訪れる人も増えているアマルフィ
世界で最も美しい海岸線と言われ西のソレントから東のサレルノにかけて
ポジターノ~プライアーノ~フローレ~アマルフィ~ラヴェッロ~ミノーリ~ヴィエトリ・スル・マーレと
美しい町が点在しています


アマルフィ
アマルフィ_convert_20120311174028


アマルフィは海に面し海岸線が入り組んでいたため外敵の進入を防ぐのに適しており
839年にはナポリ公国から独立してアマルフィ公国となり勢力を広げ
イタリアの商業の中心地として地中海貿易を支配しするまでに
その後海洋都市国家であったピサの勢力からの侵略を受けてアマルフィの繁栄は終焉しました

アマルフィの町は小さく徒歩で十分観光が出来ます
白い建物や入り組んだ町を歩きながらかわいいお店を見つけるのがおすすめ
地中海クルーズだからこそ出来る観光でもあります








そしてそして……

ナポリと言えば忘れてならないのが…ピザ

Mary+マルガリータ有名店_convert_20120311175226


焼き立てのピザをイタリア人の陽気なおじさんが持ってきてくれます!!(陽気じゃないこともあります
ほどよいもっちり感のピザ生地にあつあつのチーズとさっぱりとした酸味のトマト…
ん~~!!美味しい
絶対!!一度は味わってみてくださいね!!


















……というわけ(?)で
いつものとおり早足でのご案内になりましたが

…つまり 案内しきれないくらいに見どころの多い地中海クルーズなのです



リバティオブザシーズ
世界遺産を巡る浪漫の地中海クルーズ10日間

⇒http://www.cruiseplanet.co.jp/eur/tg_li_120608.htm


アメリカのカジュアル客船だから
初めての人でも
堅苦しいのは苦手という人も
どなたでも馴染みやすいクルーズです



まずはお気軽にお問い合わせを045-224-8050


何でもお気軽にご相談くださいね






スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。